DはデジタルのD

気分は妄想気分。プルーフしてないんで

フォント埋込みにしないPDF

を作成するのは難しいようです。googleで検索しても、フォントを埋込むのがMac OS/Xの「利点」として書かれていて、それをしない方法については書いてありません。
どうやら、DTPの世界ではフォントを埋込んだPDFファイルが標準のようですね。
今の私のPDFの用途は文書データを効率よく残すことで、紙に再現性よくプリントすることではないので使用法がマッチしていないようです。
しょうがないので、いったんフォント埋込みPDFを作成した後、そこから埋込みフォントを消去してPDFファイルの容量を小さくする手段がないかを調べることにします(^^;。