DはデジタルのD

気分は妄想気分

ピケティ「21世紀の資本」 関連本

ブームですね。次々と出てきます、ピケティ関連本。 立ち読みした範囲での勝手に簡単な紹介。

■トマ・ピケティ自身の本
21世紀の資本: トマ・ピケティ, 山形浩生, 守岡桜, 森本正史
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4622078767/tatsuh0a-22/ref=nosim
→ 元の本

トマ・ピケティの新・資本論: トマ・ピケティ, 村井 章子
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822250725/tatsuh0a-22/ref=nosim
→ ピケティのコラムをまとめたもの

■「21世紀の資本」の内容を解説した経済学本
日本人のためのピケティ入門: 60分でわかる『21世紀の資本』のポ イント: 池田 信夫
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492444149/tatsuh0a-22/ref=nosim
→ 簡単なQ&Aで内容解説

21世紀の資本主義を読み解く: 橘木 俊詔
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4800237289/tatsuh0a-22/ref=nosim
→ 橘木氏の考察の中で1つの考え方として「21世紀の資本」の内容が紹介されている

【図解】ピケティ入門 たった21枚の図で『21世紀の資本』は読める!: 高橋 洋一
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4860637402/tatsuh0a-22/ref=nosim
→ これから発売?高橋洋一氏なので間違った解説ではないと予想

■「21世紀の資本」現象を題材にした本
ピケティ入門 (『21世紀の資本』の読み方): 竹信 三恵子
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4865720006/tatsuh0a-22/ref=nosim
→ 格差問題について扱ったもの

『21世紀の資本論』の問題点: 苫米地 英人
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4904209656/tatsuh0a-22/ref=nosim
→ 本屋で見つかっていないので不明

■雑誌の特集
週刊ダイヤモンド 2015年 2/14 号 [雑誌]特集1そうだったのか! ピ ケティ『21世紀の資本』決定版/やっとわかった! 池上彰が直撃 『本当に伝えたかったことは何ですか?』/池上流 3つのポイントで かんたん解説/識者11人のピケティ支持率付き わたしは『21世紀 の資本』をこう読んだ/8つのステップで早わかり 図解 ピケティ入 門
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00SVGGWTI/tatsuh0a-22/ref=nosim
→ これから出るもの

週刊東洋経済 2015年 1/31 号 [雑誌] ピケティ完全理解
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00RYGMGD2/tatsuh0a-22/ref=nosim
→ 良さそうな解説

現代思想 2015年1月臨時増刊号◎ピケティ 『21世紀の資本』を読 む -格差と貧困の新理論-: トマ・ピケティ, ポール・クルーグマン, デヴィッド・ハーヴェイ, スラヴォイ・ジジェク, 浜 矩子, 橘木俊詔, 竹信三恵子, 伊藤 誠
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4791712897/tatsuh0a-22/ref=nosim
→ ハズレ記事もあるようですが、クルーグマンの書評など重要な記事の訳あり

エコノミスト 2014年 8/19号 [雑誌] 格差や長期停滞は必然か―資本主義を徹底解明!
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00LV3KOKG/tatsuh0a-22/ref=nosim
→ 読んでないので不明

週刊 東洋経済 2014年 7/26号 「『21世紀の資本論』が問う 中間層 への警告/人手不足の正体」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00LNHTPAU/tatsuh0a-22/ref=nosim
→ 「21世紀の資本」をネタの1つに格差問題を扱ったもの