DはデジタルのD

気分は妄想気分。それはプルーフしてないブログ。

『21世紀の資本』訳者解説――ピケティは何を語っているのか

『21世紀の資本』訳者解説――ピケティは何を語っているのか

700ページ以上の大作、さらに経済専門書にも関わらず、世界各国で100万部以上を売り上げた『21世紀の資本』。現在、空前の「ピケティーブーム」だ。なぜ、こんなにも注目が集まっているのか。そして、ピケティはいった via Pocket

from Tumblr http://ift.tt/1Bb7kaX