DはデジタルのD

気分は妄想気分

【逃げ恥】的想 -- パロディ?いえ援用「永遠に着かなければいいのに」

【逃げ恥】的想 -- パロディ?いえ援用「永遠に着かなければいいのに」
 
 
乗客も少ないローカル線の席に二人座り終着駅にあと一つと向かうとき、心のなかで
「永遠に着かなければいいのに・・」
二人同時につぶやく。
こんなせつない場面で、二人の気持ちを伝える二重唱の劇的効果はすばらしい。思わずウルウルする
 
こんなシーンでパロディはしないですから、援用(応用)でしょうね。
 
というのは、これに、赤い夕日が影長く列車に差し込んでいれば完全な新海ワールドなのです。二人の声がユニゾンするのは「ほしのこえ」だと思うのですが不明。

新海誠をよく知らないボクも覚えているぐらいですから、よほどインパクトあったのでしょう。

---- while listening to "the opera gara", anna netrepkoなど
(文章とは関係ありません)