DはデジタルのD

気分は妄想気分。それはプルーフしてないブログ。

朝食は食べるべきだ、それもマインドフルに!

"1. 食事に対して意図的なアプローチをするようにすること。食事や軽食のタイミングや頻度を考えること、そしてそもそも食事や軽食をどう定義するかを考えることが重要だ。
2. 事前に計画済みの食事や軽食は、一日を通して計算する。また食べ過ぎにつながる可能性のある食事の前は、意識して健康的な軽食(おやつ)にして帳尻を合わせること。
3. 例えば午前7時~午後8時の間など、一日のうち一定の時間内で分散させてカロリーを摂取するようにすること。つまりは夜間に一貫した“断食の時間”をつくること。
4. 一日に摂取する総カロリーのうち、より多くを早めの時間に取るようにすること。これが心臓病や糖尿病のリスク軽減につながる可能性がある。
5. 摂取カロリーを減らし減量をする方法として、可能であれば“断続的な断食”を取り入れることを考えること。
6. 食事と食事の間には、果物や野菜など健康的なものをおやつや軽食として取るようにして、より不健康な食べ物が入る余地を減らすようにする。"

朝食は食べるべきだ、それもマインドフルに! | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)
http://forbesjapan.com/articles/detail/15108

 

while listening to "JPN", Perfume