DはデジタルのD

気分は妄想気分

補足-最近見つけた本 (2017/3/25-3/31)

先の記事の本の一覧の中から、個人的に興味ある本をあげておく。

欲望の資本主義

NHKの番組を本にまとめたもの。 番組の方は見ているのでそちらのほうから内容を・・。

現在の資本主義の歪み、 資本主義そのものが内在している問題点を根本に返り見直して考えるというもの
世の中で当たり前のものと思っているものがそうではない、という視点の転換が驚き。

フォース・ターニング 第四の節目

アメリカ社会はこんな感じで、繰り返しながら変化していくという循環論のようなのだが、トランプ政権のカルトースティーブ・バノンがこの本をネタ本に終末論を唱えているらしい。

「意識高い系」の研究 (文春新書)

大して実力がないのに意識高いんだぜっ、と行動する人たちを揶揄した(?)もの。
題名から、「意識高く、自己啓発に励み、努力して自己向上する」、という考えに無意識に囚われしまったひとの心理について述べたものかと思ったのだが、違うみたい。