DはデジタルのD

気分は妄想気分。それはプルーフしてないブログ。

ついに、iPod nanoとshuffleが販売終了。iPod touchは?


iPod nanoとshuffleが販売終了。touchは値下げし、「ラインナップをシンプルに」 - AV Watch

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1072944.html

キター、ではなく、きちまったー! iPodのプロダクトラインがバサッと削られてしまった
もちろん、iPod Touchは生き残った。これがなくなるとiPodシリーズそのものがなくなってしまう。

、、のだが、この iPod Touch がいつなくなるのかわからない。
たしかにiPhoneiPod Touchでは製品ラインが重なるところがあるし、製品販売数のほとんどがiPhoneになってしまった現在、アップルにとってのiPod Touchは意義がなくなってきている。

とはいえ、iPod Touchがなくなると困る音楽ファンもまだまだまだ多いと思う。それは値段の問題はももちろん、音質の問題もあるから。
今のiPhoneはずっとましになっているのだろうが、iPhone5の音質は笑ってしまいそうほどひどかった。

なので、 iPod Touch が継続するため、今後の生き残り方を勝手に妄想してみた。
どれもニーズは低そうだが、皆はほとんどiPhoneでじゅうぶん満足して、iPodを必要としていないのだから、ニッチなニーズでもいいのかもしれない。

1.高音質化して音楽ファン向けとする

これならiPhone所有者でも高音質を求める音楽ファンがなら欲しいかも
ただ、現在のiPhoneでもライトニングコネクターからデジタル出力しDACを接続すれば高音質が得られる。

また、256bps程度のAAC圧縮音楽ファイルで十分、思っている人が多いのだから、高音質化してもわからず、たいしてうれしくないかもしれない。。

2.ハイレゾ化して音楽専用プレーヤーとして生かす

ハイレゾ化した音楽プレーヤーは大手のものはまだない。
また、ハイレゾ化は高音質化も促すので1.の高音質化はされることになる。

問題はハイレゾ化したコンテンツ数が極めて少ないこと。
iTunes Storeハイレゾコンテンツを大量共有してくれればいいのだが、これはアップルとコンテンツメーカーとの交渉次第

3.画面縮小などして持ち歩きしやすくする

iPhoneなどのスマホを持ち歩くのは当然の世の中なのだから、それに加え、スマホと同程度の大きさの音楽専用プレーヤーを持ち歩くのは面倒だ。
小さくして持ち歩くしやすくべき。

が、問題は画面を小さくすることで、従来のiPhone/iPodアプリが動かなくなること。これは不便だ。
SpotifyYoutubeなど音楽系プログラムも作り直さなければいけなくなる。

4.保存容量をとてつもなく多く増やす

現在でも持ち歩きの音楽数が足りなくなる人もいる(ボクも)。
が、これは一部の人だけだろうな~

5.iTunesのAirPlay受信をできるようにする

こうすれば 家の中であれば iPodに入りきらない音楽をいつでも再生することができる。
P2Pかなにかを使って屋外でも受信できればさらによし。

ITune Match(だったか、Appleサーバーにある自分の音楽を再生するサービス)と機能がかぶっている感じもするが、あちらはたいして売れていないのではないのかな?