DはデジタルのD

気分は妄想気分。それはプルーフしてないブログ。

Pefumeの最新シングル曲「If you wanna」のFuture Bassとは

Pefumeの最新シングル曲「If you wanna」のFuture Bassとは

なんなのだろう。

Perfumeの最新シングル曲「If you wanna」がアメリカのEDMスタイルの1つ、”Future Bass"とやらを使っていると話題になっている(一部かいわいで?)が、この”Future Bass"という音楽がどういう特徴があるものなんだかよくわからない。

まぁ、音楽形式がなんであろうが、音楽は聴いてよければいいのだし、今後、中田ヤスタカが”Future Bass”信者になるとも思えない。
なので、 ”Future Bass"を知ることはあまり必須ではない。が、Perfumeが(中田ヤスタカが)自ら音楽分野を語ることは珍しい。どんなものだろうか、と興味を持ったことは確かだ。

実は、以前、YouTubeを見ていて、たまたま”Future Bass"という名前とその曲をいくつか聴いていた。例えば、

いわゆるEDMと呼ばれるものと違い、メロディーがあり、音がかわいい、親しみやすく楽しい音楽、と感じた。EDMの曲を聴いてみてなんだかなーと感じていた時だけに、「あ、いいな」、と思った。

おそらく、通常のEDMのようにダンスに特化している音楽ではなく、踊らなくても普通の曲として聴ける音楽、だからだろう。これなら日本でも受け入れられるんじゃないかな、Perfumeがやってもよさそう、思っていた。
今回の曲はそれがピタリだったわけで、アレッとなったのだった。

とはいえ、”Future Bass”とはなにか、は全然理解できていない。聴くとなんとなくそれかな?となる程度だ。ということでエレクトロ音楽に詳しいかたの下記ブログ記事を参照する。

それでは、フューチャー・ベースとは何でしょうか?
〈EDM系トラップ〉通過後の、ドリーミーでキラキラしたシンセとシンコペートしたキック?
ゲーム音楽っぽい音色や、ドロップ(=曲のピーク)でのド派手なシンセ?
メリハリの利いた曲構造?

この記事全部を理解できたわけではないが、この定義はボクの感じていたところとほぼ同じようだ。

ヨカッタ!

第89回 「If you wanna」と「TOKYO GIRL」とフューチャー・ベース - R.E.P http://tkito.hatenablog.com/entry/2017/08/31/204652