DはデジタルのD

気分は妄想気分。妄想だしウラ取らないから、誤り御免

ー あくまで個人的かつ未確認の妄想のため誤りはご容赦願います。ー

コメントはご自由にどうぞ。本ブログに関係のないスパムコメントなどは削除することがあります。関心あるコメントへ別の記事あるいはコメントで返答することがあります。

生活扶助が必要な人に行き渡っていないことが問題なんじゃない?

生活扶助が必要な人に行き渡っていないことが問題なんじゃない?

ちょっとちょっと!
これだと、もらっている生活扶助が多すぎる人がいる、からそうした人を減らそう、というように述べている。

それによりますと、大都市で小学生と中学生の子どもがいる40代夫婦の世帯では、生活扶助は18万5000円余りで、収入が低い世帯の支出より2万5000円余り、率にして14%多く、65歳の単身世帯などでも生活扶助が上回っていました。

生活保護の生活扶助 低所得世帯の生活費上回る | NHKニュース http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171209/k10011252261000.html?utm_int=news_contents_news-main_004&nnw_opt=news-main_a

そうではなく、
「収入が生活扶助レベルに達していない」人が多くいる
ことこそが問題なのでは。

つまり、生活扶助が対象の人にちゃんと行き渡っていない、ということだ。

生活扶助は窓口規制や、職員が「保護なめんな」などと書いたジャンパーを着て追い返しているなど、簡単には受けられなくなっているのが現状だ。

小田原市だけじゃない。生活保護窓口で「体売って働け」「中絶強要」など実態をNPOが報告 http://www.huffingtonpost.jp/2017/01/23/seikatsu-hogo_n_14329116.html

こういう現状を考えると生活扶助を受けている人が、そうでない人より多く収入があるのは『当然』とも思える。

こうしたレトリックにひっかかってはいけない。

PS
日本に人権保護の考えが本当にあるのかかなしくなっているな~(>_<)。


NHKニュースは期間が過ぎると消えてしまうので、下記に全文を掲載しておく


生活保護の生活扶助 低所得世帯の生活費上回る

12月9日 7時10分 生活保護で支給される食費などの生活扶助について、厚生労働省の専門家会議が調査した結果、大都市の子どもが2人いる世帯などで、生活扶助の金額が一般の低所得世帯の生活費を上回ったことがわかりました。厚生労働省はこうした世帯では基準額の引き下げを検討する方針です。 生活保護のうち食費や光熱費などの生活扶助は、地域や年齢、世帯人数などによって支給の基準額が決まっていて、厚生労働省は5年に1度、専門家の会議で見直しを検討しています。

8日に開かれた会議では、生活扶助の基準額と一般世帯のうち収入が低いほうから10%以内の世帯の1か月の平均支出を比較した結果が示されました。

それによりますと、大都市で小学生と中学生の子どもがいる40代夫婦の世帯では、生活扶助は18万5000円余りで、収入が低い世帯の支出より2万5000円余り、率にして14%多く、65歳の単身世帯などでも生活扶助が上回っていました。

厚生労働省はこうした世帯では基準額の引き下げを検討する方針です。

一方、大都市で30代の母親が小学生1人を育てる母子家庭では、生活扶助は11万4000円余りで、収入が低い世帯より逆に5600円余り、率にして5%下回り、基準額の引き上げも検討されます。

また、今回はこれとは別の算出方法を使った比較結果も公表され、これらを基に、今後、基準額の見直しが議論されますが、専門家会議の委員からは「比較結果をそのまま反映させると大幅な減額につながる世帯が出てくる」として、慎重な検討を求める意見が出ています

ー あくまで個人的かつ未確認の妄想のため誤りはご容赦願います。ー

コメントはご自由にどうぞ。本ブログに関係のないスパムコメントなどは削除することがあります。関心あるコメントへ別の記事あるいはコメントで返答することがあります。