DはデジタルのD

気分は妄想気分。イイ感じに書き捨て。コメントは誰でも歓迎。

シティポップ?は忘れられたのかなぁ

シティポップ?は忘れられたのかなぁ

「YOUは何しにニッポンを」たまたま見ていたら、わざわざ海外からシティポップのレコードを買いに来ている人がいた。

当時、ちょうどこうしたポップスを聴いていた。シティポップと呼んでいたかは不明、というかボクはそうとは呼んでいなかった。(笑)

驚いたのは、

吉田美奈子とか大貫妙子とかは日本ではすっかり忘れられている

ということ。

いい作詞・作曲家・シンガーなんだがな。
(懐メロというわけではない。ボクは懐メロは嫌いだ。これらがいい音楽として、ということ)

もっとも、本当に海外で見直されている(そして日本に逆流)するとうれしい。30年程前の時期にこんな進んだ曲が作られていたのか、と再評価して欲しいから。

この時期の曲は聴いてみるとわかるが、荒井由実(現在の松任谷由実)と同じくテンションを多く使ったFusion風のモダンなアレンジだ。

忘れられたとはいえ、吉田美奈子は初期の山下達郎のほとんどの曲の作詞をしているし、大貫妙子は「ピーター・ラビットとわたし」の作詞・作曲などと、曲としては知っている人も多いとは思う。

こうしたアルバムはけっこう持っていたので、いくつかは残っているかもしれない。

広告を非表示にする