DはデジタルのD

気分は妄想気分。それはプルーフしてないブログ。

アメリカが仲裁に出てくるわけは?

中国の楊潔チ外相に対し沖縄県尖閣諸島をめぐる緊張緩和のため

子供の喧嘩に親が仲裁に出る、という感じなのだろうか。
いや、アメリカもメリットがないことはやらないだろう。もちろん、地域の安定はさまざまなメリットがある。
日本は仲裁ミーティングに参加して何を主張するのだろう。譲るべきことがないとすれば、何の進歩もないのではないか。
中国の譲歩を期待しているのか。それもかなり難しそうだが。