DはデジタルのD

気分は妄想気分

不思議な音楽話し(3)

耳コピ

最近、「耳コピ」という言葉を見かけるのだが、耳での聞き取りがなくては曲のメロディや和声のコピーはできない。言葉としては「耳」と「コピー」がダブっている気がする。
もちろん、音楽のコピーは音の高さや長さを聞き取り、それを譜面化するのだから、 けっこうな 困難さがあり労力が発生する。
それを強調したい気持ちはわからないわけではないが。

さらには、「歌詞の耳コピ」という言葉まで見かけるのだが、これはなんだろう。日本語が聞き取れないのだろうか。